2021年6月20日
剣岳遠近(おちこち)

荒々しい岩肌 踊る夏雲  上市町伊折橋から

 

 いつの間にか剱の雪も解け黒茶の岩肌があらわになっていた。

 季節は夏へ――。

 朝から雲一つない真っ青な空が、お昼近くになると決まったようにどこからか雲がわいて、ついさっきまで見えていた剱の山頂もあっという間に雲隠れしてしまった。

 天気図を見ると県内は大きな高気圧に覆われ、翌日も好天に恵まれるはず。刻々と変化する躍動感ある雲に夏剱の荒々しい岩肌、雲間から射(さ)す光の妙を楽しみながらシャッターを押した。